SkypeのBANによるコンタクトリスト復帰方法

投稿者: 赤タグ

【2013.04.07 更新】内容を一部更新しました。画像なども挿入し、わかりやすくしたつもりです。

スカイプが第3者により、自分のアカウントでログインできなくなることを、スカイプBAN(スカBAN)などと呼ばれることがあります。

スカイプBANについては、
http://ameblo.jp/stoltz/entry-10489790060.html
こちらを参照していただければ理解できると思います。

スカイプをBANされてから、コンタクトリストのパックアップをしていなくて「しまった!」と思っても遅いですよね。
スカイプのサポートセンターの対応がよくない限り、復帰は難しい。

※この投稿内一番下に、アカウント復旧依頼のページについて説明を付け加えました。
これにてまずはアカウント復旧を目指すといいかもしれません。
どうしても復旧できない場合、この後を参考にしてもらえばいいかなと。
スカイプBANになった場合、新しいアカウントを作りそちらで利用することは可能ですが、コンタクトリストは戻ってきません。
そこで、とりあえずコンタクトリストくらいは復帰(or復活)したい!と思う方へ。

スカイプのコンタクトリストデータは、スカイプのサーバ側で保管されているのですが、各PCにも保管されています。
コンタクトリストと会話ログはローカルの保存領域(ハードディスク内など)に残っている様子。
では、それらのデータを新アカウント側で使うことができれば・・・と。

その方法の説明に入ります。

大まかな流れは、
1. Skypeの新規アカウントを作成する
2. Skypeを終了し、Skypeの個人データが保管されているフォルダを見つける
3. Skypeの個人データをバックアップ
4. Skype ID(新)フォルダを削除し、Skype ID(旧)フォルダの名前をSkype ID(新)フォルダ名へ変更する
5. Skype ID(新)でサインインし、コンタクトリストデータをエクスポートする
6. Skype ID(新)を一度サインアウトし、コンタクトリストが消えているので、コンタクトリストデータをインポートする
7. コンタクトリストの追加再申請を送っていく
という流れになろうかと思います。
また、基本的な動作はWindows 7(英語版ですいませんが)にて説明していますが、その他のOSでも同じ内容で解決できると思います。

1. <Skype の新規アカウントを作成>

この説明は省略いたします。
すでに旧のSkype IDはスカイプBAN状態になっていると思いますので、新規のSkype IDを作ったほうが時間的に早く解決すると思います。新規作成したSkype IDで一度サインインし、新規アカウントが利用できる状態にしておいてください。

Image 1
後の説明のため、ここで作成した新規アカウント名は、akatag_newにしました。なお、スカイプBANとなったアカウント名は、akatag_oldとします。

2.<Skypeを終了し、Skypeの個人設定フォルダを探す>

ここからの操作は、Skypeのアプリケーションを終了させてから行なうようにしましょう。
右下のタスクバー内に、Skypeアイコンが見えている場合は、そこを右クリックして「終了」を選び、終了させます。

Image 2

Image 3

Image 4

Image 5

まず、Skypeのデータが保管されているフォルダは、普段見えない「隠しフォルダ」の中に保管されていますので、それを見えるようにしなければなりません。

その方法はOSのバージョンによって若干違うので、「隠しフォルダ 表示」などで検索してみてください。
Windows XPは、 http://www.kuraemon.com/support/otasuke/kakushi_folder.htm
Windows Vistaは、http://www.pasoble.jp/windows/vista/08848.html
Windows 7、8もVistaと同じ方法で大丈夫かと。

Skypeの個人設定があるフォルダを探しにいきます。
フォルダ検索で、自分の使っていたSkypeのアカウントIDを入力すれば見つかるかもしれませんが、その方法がわからないという方へ、とりあえず一例を記します。
OSのバージョンで場所が違うので、自分の使っているPCのOSが何かということを知っていることは大事です。
Windows XPの場合:
C:/Documents and Settings/[UserName]/Application Data/Skype
Windows Vista、7の場合:
C://User/[UserName]/AppData/Roaming/Skype
[UserName]というところは、自分がWindowsでログインしているアカウント名(ユーザ名)のことです。

上のC:/Documents and Settings/[UserName]/Application Data/Skype この見方がわからない人用。
マイコンピュータを開いて、Cドライブを開く。Documents and Settingsフォルダを開く。自分の使っている名前(ユーザ名)のフォルダを開く。Application Dataフォルダを開く。Skypeフォルダを開く。
このように/の意味はフォルダの中に次のがあるよ、という意味だと思って下さい。
(追加:Vista以降の方は、Windowsのスタートから、検索入力欄に「%appdata%/skype」と入力し、Enterキーを押せば、フォルダが開くかと思います。)

Image 6

3.<Skypeフォルダ内の個人データをバックアップ>

ここまで操作できれば、Skypeフォルダを開くと、自分がSkypeで使っていたID名のフォルダが見つかるかと思います(ここでは、akatag_newとakatag_oldの2つのIDフォルダがあります)。

Image 7
Skype IDの名前が付いたフォルダを、右クリックで「コピー」を選択し、デスクトップなど自分がデータをバックアップしたい場所(今回はデスクトップにしました)で、右クリック「貼付け(orペースト)」を選択して、フォルダごと中のデータをコピーしておきます。

Image 8

Image 9

Image 10

このコピーしたフォルダは、もしこれからの操作で間違った場合、データを元に戻せる可能性を残しておくために必要となるので、完全に復帰されるまでは残しておくことをおすすめいたします。

4.<Skypeフォルダ内のIDを置き換える>

元のSkypeフォルダ内に戻り、その中の新ID(akatag_new)フォルダ名を右クリックして「削除」して、ゴミ箱へ移動させて下さい。

Image 11

Image 12
次に、スカイプBANされたID(akatag_old)フォルダ名を右クリック、「名前の変更」から、新ID(akatag_new)に書き換えます。
注意!)入力は間違えないようにして下さい。ここでミスしてしまうと無駄な時間を過ごすことになります。

Image 13

Image 14

Image 15

設定変更前: 旧ID(akatag_old)フォルダと新ID(akatag_new)フォルダの2つ
設定変更後: 新ID(akatag_new)フォルダの1つになります。

5.<Skype ID(新)でサインインし、コンタクトリストをエクスポートする>

ここまで出来れば、Skypeを起動します。

Image 16
新ID(akatag_new)でログインしてください。
コンタクトリストがスカイプBANされた旧IDのものに戻っていれば、まずは第一段階成功です。
これで終わりではないので、まだ安心しないで下さい。ここは重要点です!

Image 18

今見えているコンタクトリストはあくまで、見えているだけと思って下さい。
コンタクトリスト自体はサーバ側で保管されているので、次回ログイン時にはコンタクトリストは見えなくなっていると思います(難しく言えば、同期が取れていないだけかもしれませんが無視します)。
そこで、すぐに次の動作を行なって下さい。
Skypeのメニューに見える「コンタクト」 (新バージョンでは「連絡先リスト」)から、「拡張」の中にある「ファイルにコンタクトをエクスポート」を選びます。

Image 19
ファイルを保存するウインドウが現れるので、自分の好きな場所に保存して下さい。

Image 20

保存したら、一度Skypeをログアウトします。

Image 21
そして再度ログインします。
コンタクトリストに表示されていた登録ユーザが消えましたか?
消えてしまったら、先ほど保存(エクスポート)したファイルでコンタクトリストを戻しましょう。
Skypeメニューの「コンタクト(or連絡先リスト)」から「拡張」の中にある「ファイルからコンタクトをインポート」を選びます。

Image 22
先ほどエクスポート(保存)したファイルを選び、開くとスカイプBANになる前のコンタクトリストが再び戻ってきます。

Image 23

各コンタクトユーザ名のところをダブルクリックなどしてみると、過去の会話履歴なども残っており、表示されるかと思います。
ただし、あくまでコンタクトリストの復帰ですので、新IDでは相手のコンタクト許可は得られていない状態です。

もう一度各コンタクトユーザに対して、コンタクト追加の申請を行なって下さい。
コンタクトの再申請は、ユーザ名を右クリックして「連絡先追加のリクエストを再送信(認証の要求)」 を行えばいいかと思います。

Image 25

その際、メッセージにはもう一度申請してもらうので丁寧に書いておくといいかもしれませんね。

スカイプBANも度々繰り返されると、永久BANらしきもの(プロバイダ、IP、コンピュータ情報の一部 なのかな?)による制限がかかってしまうらしいので、ご注意下さい。

上記内容に間違い、あるいはうまく行かなかったなどありましたらご報告下さい。
情報をアップデートしたいと思います。

 

 

追記:
Skypeのホームページからアカウント使用停止になっている問い合わせがあります。
https://support.skype.com/ja/support_request
このサポートサイトから、「アカウントとパスワード」の「ブロックされたアカウント」を選択しメールを送信するか、あるいは、

https://support.skype.com/ja/account-recovery
アカウント使用停止の解除を直接依頼するページがありました。
結構な情報が必要となりますが、覚えておられるようでしたらこちらのほうが簡単かもしれません。

広告